FC2ブログ

Entries

映画:ショーシャンクの空に

平日夜21:00からにも関わらず、ボーっとTVをつけていたら、ボーっとそのまま最後まで見てしまった。
1994年公開、同年公開されたのは、『フォレスト・ガンプ』や『パルプ・フィクション』や『スピード』、アメリカのアカデミー賞は『フォレストガンプ』に総なめされた。原作はスティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース(Rita Hayworth and Shawshank Redemption)』。私がタイトルを知っているくらいなので、有名な映画だが、キング先生の原作は面白そうだな。

B003EVW5FUショーシャンクの空に [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21

by G-Tools

妻とその愛人を射殺したという無実の罪を着せられ、終身刑の判決が下り、ショーシャンク刑務所に収監された元エリート銀行員アンディの刑務所での20年間の物語。とにかく最後まで眠らずに見続けることができたということは、”見せてくれる”映画ではあった。アカデミー賞と云われると、そこまでのパンチはないかもしれない。安易に『フォレスト・ガンプ』と比較してしまうと、やっぱりフォレスト・ガンプの方が上かもしれない、と私は思う。

時代は1947年だから、現在よりも刑務所の環境は劣悪で、犯罪に対する人々の意識も違っていたと思う。看守や所長は典型的な悪人として描かれるし、刑務所内は、イジメも暴力も脅しも収賄も何でもある。そしてそんな環境であっても友達ができる。”調達屋”のレッド。このあたりもある、ある、だな。元銀行員のアンディがハドリー主任刑務官の遺産相続問題を知り、その節税対策を提案したことから、アンディは刑務所内の図書館で、老囚人ブルックスの助手となるが、目的は所長や刑務官達の税務処理や資産運用をアンディに行わせるため。管理者たちにとってなくてはならない存在となったアンディの存在感は増していき、やがて所長の脱税の手助けをすることになる。

1954年、図書館で一緒に働いていたブルックスに仮釈放の許可が下りるが、50年服役した老人が外の世界で暮らして行けるわけもなく、間もなくブルックは首を吊って自殺をする。何十年と刑務所で暮らし自由を求めることを諦め、そして塀の中という環境に依存して生きることしかできなくなる、というレッドに、アンディは”音楽と希望は誰にも奪えないものだ”と反論するが、レッドはそんなものは塀の中では不要なもの、むしろそれがあるがために、希望が消えた時に辛さを説く。仮出所の希望を何度も挫かれた彼の言葉はもっともだ。さらに新たに入所したコソ泥のトミーが、アンディに濡れ衣を着せた真犯人を知っていると云うが、脱税の秘密をすべて知っている彼を悪徳所長が手助けすることもなく、邪魔なトミーを所長が殺し、ついにアンディは決断する。。。

最後はHappy Endなのはさすがアメリカで、あ~~ここでこの人は死ぬんだな、が予想通りにすすみ、悪者はみな報いを受け、アンディとその友達のレッドは、メキシコへの逃亡に成功する。筋だけ追っていくと、予想どおりの展開だが、この映画はたぶんディテールが面白いのと、伏線を張りながらそれを気持ちよく回収してくれるところがいいのかもしれない。くだらない私事だが、最近見ているドラマはお気楽にみられるNHK朝ドラとか、何だか今一つの大河ドラマくらいしかなかったから、アンディを演じたティム・ロビンスにレッドを演じたモーガン・フリーマンの演技が上手くてそっちに感動してしまった。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/775-669660c6

トラックバック

コメント

[C555] 実は見てない ショーシャンクの空

フォレストガンプとパルプフィクション、スピードが同じ年だった事にちょっと驚き。

ラーンフォレストラーンってオーストラリアに行った時、ガイドの人が叫んでいた事を思い出したりする。
  • 2017-11-08 19:28
  • たなか
  • URL
  • 編集

[C556] みたみた。

(勝手に会話に入り込み失礼します)
へえ、確かにちょっとした驚きですね。みんな同じ年公開か。この4本全部見た。その中で『ショーシャンクの空に』がいちばん好きです。俳優陣よかったですよね!『フォレスト・ガンプ』は好きじゃなかったな。。。
  • 2017-11-08 20:52
  • mAr
  • URL
  • 編集

[C557]

ラーンフォレストラーンは、この映画のモチーフですかね。
『ショーシャンク....』が、ある、ある、だとしたら、『フォレストガンプ』はあり得ないことの連続ですが、それが映画になってしまうと、逆に楽しい。私はあり得ない楽しさの方が好きだった。

  • 2017-11-09 09:24
  • Green
  • URL
  • 編集

[C558]

俳優陣は『フォレストガンプ』より良かったと思いますよ。ティム・ロビンスのファンになっちゃいそうでした。
設定だけだと、どちらかというとベタで、ともすると陳腐になりそうな設定でも、丁寧に作るとこうなる、ってな感じです。真面目で真摯な映画ですよね。
  • 2017-11-09 09:27
  • Green
  • URL
  • 編集

[C559] ダウンロードしてみました。

アマゾンプライムにありました。
時間が取れる時に見てみます。
レビューが好評価なので少し楽しみです。
  • 2017-11-10 22:06
  • たなか
  • URL
  • 編集

[C560] リタヘイワースの背信

プイグの作品にそんなのがありましたが読んだ事ないし今後読む予定もない。

映画面白く観ました。
名前は知らないが観た事ある役者ばかり出ていて驚きました。
アリーマイラブの俳優が髪フサフサでちょっとびっくり。
  • 2017-11-12 11:03
  • たなか
  • URL
  • 編集

[C561]

映画楽しんでいただけたようで何よりです。

そうなんです、この映画を見ると「リタヘイワースの背信」を思い出すのです。長いこと家で未読本になっています。ブイグだから入手したものの、国書刊行会の単行本を買ったのですが、2段組みだけならまだしも、字がやたら小さく、マージンも以上に少なく、開いた瞬間に閉じ、閉じっぱなしです。


  • 2017-11-13 16:43
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア