FC2ブログ

Entries

Sapiens: A Brief History of Humankind

かの大ベストセラー「サピエンス全史」の英語版。Kindle for iPhoneにて読了。人気者に背を向けるクセがある私だが、英語版を読んだ人からも”イイ”のお声があり、読んでみたら、世間で色々云われている評判がよくわかった。とにかく読みやすい。それとユーモア(たとえが上手い)、常識を覆される意外性。小難しくなりそうなこんな歴史本をこんなに楽しく読ませてくれるのは凄い。ノンフィクションが苦手な私が、下手な(笑)フィクションよりもずっとずっとサラサラと読めた。

0099590085Sapiens: A Brief History of Humankind
Yuval Noah Harari
Vintage 2015-04-30

by G-Tools

多少アカデミックな単語があるので、その辺りはKindle for iPhoneの辞書機能をちょこちょこ使ったが、文章はシンプルで極めて平易。でも楽しめるのは、やはり例えの上手さ。紀元前の話しや中世の話しを現代に置き換えて、想像しやすくしてくれる、そしてそこにいつも少しばかりのユーモアも含める。所謂歴史上のイベントをなぞる場合でも、マニアックな例はほとんど登場せず、世界レベルで標準(?)的な例を出してくれるので、謎の固有名詞に突っかかることもなく、教科書レベルで登場する固有名詞の知識でだいたい事足りるので、それも楽。お堅い歴史本なんかは、時系列に時代を上って行ったりするが、これはテーマ毎なので、時代は行ったり来たりもする。でもそれがかえっていい。ベストセラー故賛否両論はあるが、知識層ではなく一般向けに書かれていること、フィクションであろうと結局のところ文章というのは、著者の考えが出てしまうのは仕方ないことで(だから面白いわけで・・・)、それを考慮すれば、こんな壮大なホモサピエンスの70,000年の歴史を英語で読んでもストレスを感じさせないで読めるってことは見事だ。

サピエンスたちがその小さな身体で生き残れたわけを、大きくこの3つの革命に焦点を当てながら進んでいく。生物学的見地もあるのだが、究極的には文化論・哲学であるかもしれない。
Cognitive Revolution
Agricultural Revolution
Scientific Revolution


Scientific Revolutionくらいになると、さすがに近代から現代の話しになるが、Cognitive Revolution と Agricultural Revolution は先史時代の話しなので、知識も情報も少ないだけにへえ~~が多くて面白い。ホモサピエンスによるネアンデルタールの大虐殺説や(あくまで説だが)、決して身体的に強靭だったわけではないホモサピエンスが最終的に生き残った理由とか、進歩としか思っていなかったAgricultural Revolutionの負の面が沢山あったり・・・そういったものは、過去の歴史というだけでなく、現代に至るまでに起きた様々な出来事に置き換えて考えても、至極納得のいくものだったりする。土地に縛り付けられ、生産性を向上させるために過剰な労働を強いられることになった農業革命は、ノマド的な狩猟生活のお気楽さと比較すると、現代人の悲哀とどこが似ているとさえ思えてくる。どうも人間の認知の上限が150人らしいという150人の法則を超えた組織においては、その組織を維持するためには、虚構を信じることで組織が保たれる。虚構は宗教やカリスマ指導者というものだけでなく、現代でいえばブランド力だったり洗脳的な広告であったり、貨幣でさえそれは便宜上生み出された虚構に過ぎない。また我々はついつい過去のジェノサイドや戦争や飢餓の悲惨さだけを見てしまうが、それによる死者の数は、現代において絶対数という意味では、病気で亡くなる人の方がはるかに多い。であれば、人類という視点では、どちらがより死活問題なのか?そしてそして、科学の発展はサピエンスという人種自体を超えた存在に作り上げることも可能になるかもしれない。サイボーグ人間をつくることは既に可能なのかもしれない。遺伝子操作もきっと可能なのだろう。人類は神になるのか?しかし・・・・である。

このあたりのへえ~~は大ベストセラー故、ネットでググれば他の誰かが懇切丁寧に書いてくれているのでよいとして、さて、問題は、Scientific Revolution の果てのホモサピエンスの未来だ。我々はそれがよかれと思って発展を遂げてきた。科学しかり、文明しかり、だが、結局のところ人類の幸福が何かという問いには誰も答えられない。これはマクロの話しだけでなく、同時に個人のミクロの話しでもあり、当たり前だが利便性や金銭的に裕福かどうかということでもない。

ホモサピエンスの歴史は70,000万年だが、実は昆虫はどうも4億年らしい。サイボーグ人間が普通になる世の中が仮に起きたとしても、それもきっと瞬きの世界で、生物学的見地ではホモサピエンスとネアンデルタールの凌ぎあいくらいの出来事なのだろうか?そもそも、ホモサピエンスの進化は他の種族を犠牲にして、時には根絶やしにしてきた歴史だ。そのホモサピエンスが未来永劫、地球の頂点に居続けられるのか?生物の進化は、必ずしも一番が二番手以降を蹴散らしてきたわけではなく、むしろ弱いと思われていたもの、異端と思われていたものにいつのまにやら逆転されていたりするではないか。

視点というのは大事だね。どこを見るかどこから見るか、物事は平面ではなく常に立体なのだな。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/801-a6b0433b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア