FC2ブログ

Entries

おたのしみ弁当

この度、会社を辞めることにした。転職ばっかりしていたにも関わらず、引継がこんなに大変だったことはない。思うにろくでもない会社ほど引継は大変になると思われる。この顛末はヒマになったら書いてもいいが(当面プータローになる)、おかげでとっくに読み終わったこの本の感想は書けないし、精神的にもアンバランスで本なんて全く読めない。でもあと一週間で手切れとなるので、いまはじっと我慢している。

4062902184おたのしみ弁当 吉田健一未収録エッセイ (講談社文芸文庫)
吉田 健一
講談社 2014-01-11

by G-Tools

ということで、すっかり内容が思い出せない「おたのしみ弁当」。
これは集英社から出た吉田健一全集から漏れた過去の雑誌・新聞等のエッセイをまとめて編集したものらしく、昭和20年代30年代の作品も多くて興味深い。酒と喰物の身近な楽しいエッセイと、吉田氏本業の評論の2部構成。寄せ集めのようだが、若き日の文学論が読めるというのがなかなかいい。

ある程度歳を経てきてからの文章は、味があってよいのだが、まだとがっていたころの真面目な(笑)文学論は興味深い。それも三島由紀夫、伊藤整、プルースト、ゲーテ、オーウェル、マルクスと、若き日にむさぼり読んだであろう作家たちが並ぶ。いや、もしかしたら、喰うことに必死だった時代にひたすら書いていた書評なのかもしれない。自分でも何をどうしたいのか、試行錯誤していたのかもしれない。

今まで見えなかった顔がちょっと見える一冊。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/818-8a7ac699

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア