FC2ブログ

Entries

The Book Thieves

FC2からアマゾンリンクを貼れる機能がなくなって以来、g-toolsを使っていたら、そちらもサービスを停止されてしまい、仕方なくamazletを使い始めたものの、どうもヒット率が低いのはどうしてだろう?今回もヒットしてくれなかったので、アフィリエイトはどうでもいいがこんな画像になってしまった。しかも見た目が悪すぎる。

気を取り直して・・・この本を知ったのは邦訳された「ナチ 本の略奪」からだけど、(高いので)英語にしてみたが、作者のAnders Rydellはスウェーデンのジャーナリストだそう。読みにくくはなかったけれど、固有名詞が多すぎてそれがドイツ語が多いときているのでくじけるし、英語が硬いんだよね。

     

ナチ 本の略奪
ナチ 本の略奪
posted with amazlet at 19.08.30
アンデシュ リデル
国書刊行会 (2019-07-13)
売り上げランキング: 118,552

ナチが略奪したものは多々あれど、美術品や宝石、金塊など金目のものばかり注目を浴びているが、書物の略奪にフォーカスしているのがこの本。焚書や発禁処分の話は知っているけれど、ここに描かれるのは野蛮なナチではなく、知の征服までを目論んだナチの戦略と、戦後、それらの略奪された途轍もない量の本を、元の持ち主に返そうという活動の話。焚書はいわば大衆に向けたデモンストレーションであって、むしろナチの本当の目的は反ナチス(ユダヤ人のみならず、フリーメイソン、共産主義、キリスト教等々)、つまり敵の情報収集、ひいてはそれらの思想や歴史を統制し、ナチの世界観を正当化し、世界史さえ書き換えるという壮大なものであった。ヒトラーにせよ、ナチスの幹部たちも、書物というのは文化であり、思想であることは、重々承知していたはずだが、怖いのは、人間の記憶さえ管理するということ。それは過去の歴史だけではなく、未来にわたって人間の記憶を管理することだ。

ナチが侵攻した国々、オーストリア、ポーランド等の東欧諸国、フランス、イタリア、果てはギリシャまで、物理的な軍事力による侵攻の後、そこの図書館、個人蔵書までを略奪していくわけだが、今回新たに知ったナチ幹部、全国指導者ローゼンベルク特捜隊(ERR) アルフレート・ローゼンベルクが主にその任務についていた。このローゼンベルクなる人物は、ヒムラーやゲッペルスほど有名ではないので、ググッとみると、確かに組織図上のタイトルと実権を比べると、実権がはるかに弱い人物で、所謂政治党争も下手で、出世できないタイプの人間であったようだ。ヒムラーとローゼンベルクの略奪本をめぐる ナチの内部争いも興味深く、同じナチでもアーリア至上主義と、反ユダヤ主義という隔絶があったらしい。ローゼンベルクは反ユダヤの立場であったが、ナチは最終的には、アーリア至上主義なので、同じ侵略でも、フランスやオランダ、北欧の国々と、東欧諸国とはことなってくる。東欧諸国=スラブは絶滅されるべきものであって、ポーランド侵攻においては、ポーランドそのものを地上から無くすことが究極の目的になる。アルフレート デーブリーンの「ポーランド旅行」を思い出した。

戦後、ナチが崩壊したとはいえ、ヨーロッパ各地から略奪された本の返還はたやすくはいかなかった。それはその膨大なる量のせいもあるが、戦勝国といわれる国、特にソ連がナチの資産を新たに略奪することになったからだ。これもソ連が崩壊する1989年以降は情報も徐々に公開され始めたが、今でも世界各地に散らばったままになっている大量の本が存在している。蔵書票Ex librisがある本はともかく、ほとんどの本には、持ち主に関する情報はなく、実際に多くの略奪本は国同士の取り決めや話し合いで交換されたり、売り買いされており、個人の蔵書にいたってはわずかな人々のボランティア活動が細々と続いている。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/826-40bbf1cb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア