Entries

The Last Coyote

たまには読まなきゃ、休憩本。シリーズものなので頑なに出版順に読む。こちら第3作目に続き、やっと第4作目。さすが休憩本。休憩するにはもってこい。シリーズ最高傑作という評判らしく、勝手に引っ張ってくれるから読む速度も加速するし、難しい理屈も思想も主義もなし、シリーズも4作目くらいになると、さすがの私も勝手がわかってきて、いやあ、楽チン。
The Last Coyote (Harry Bosch)The Last Coyote (Harry Bosch)
(2007/11/01)
Michael Connelly

商品詳細を見る
第1作目からずっと焦らされていたHarryの母親の謎。彼女が殺された30年以上前の事件の真相がようやく明かされる。今回のっけからHarryは上司をぶん殴って謹慎中の身。強制的にセラピーを受けさせられ、恋人は彼の元を去り、更に地震で家が半壊し危険だから住むな、とのお上からお達しを無視して住み続けているという、なんとも踏んだり蹴ったりの状態。

ただ出だしから今回のHarryはどうにも軟弱。いや、そもそも彼は優男なんだけど、心情を剥き出しには語らず、その語り切らない屈折感が好きだったのに、今回は悩み多き独身中年像がストレートに現れすぎていて、心理療法セラピストとの会話なんかどうにもらしくないし、新恋人との会話に至っては、ロマンチック過ぎて読んでいる私が恥かしくなる。おい、Harry!屈折角度がゆるくなっているぞ!と思わせながらも、ラストに向かっての盛り上げ術にまんまと引っ掛かってしまう。最後70~80ページ残して一見事件が解決したかのように思わせ、でも読者は知っている、フフフ、ここからもう一度どんでん返しがあるのさ!ほら、あった。伊達にたくさんの登場人物を配しているわけではなく、そこには計算されたプロットがあるわけだ。

Harryは体制に従わない一匹狼で、敵は警察内に沢山いる。でも今回、宿敵Irvin Irvingや検視官Larry Sakaiとの会話が、妙にカッコイイ。相嫌相憎(注:造語)の仲にも関わらず、無意識だけど、どこかお互いのプロフェッショナルさを認めているというか、誰もが組織の中でHarryのような行動は許されざる行為だと思っていても、人間として最後の部分は認めているんじゃないか、と思わせる会話。知的毒舌合戦とでも言うのか、う~~んカッコよかった。

大地震で荒廃した街で見かけた1匹のコヨーテの青い影、最後のコヨーテかも知れないその姿と、Harry自身を重ね合わせてのタイトルとなっているけど、これはストレート過ぎてちょっとカッコよすぎだね・・・
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/89-b3d173c2

トラックバック

コメント

[C37] 二度読みましたよ・・・

ぷれっしゃーになろうがかまわない。

に度読んで、やっぱりあなたはなんと頭の中がきれいに整理されているのだろうと思った・・・

これからもいろいろな本の書評を楽しみにしています。
  • 2011-07-17 23:48
  • さかい@tadoku.org
  • URL
  • 編集

[C38] 二度読み?

コメントの意味がよくわからなくて、一晩お返事を寝かせてしまいました。

> ぷれっしゃーになろうがかまわない。

これは私に対するぷれっしゃー?どうしてぷれっしゃーなんだろう?

>
> に度読んで、やっぱりあなたはなんと頭の中がきれいに整理されているのだろうと思った・・・

二度読んだのは私の記事?それは記事が分かりにくかったってことなんでしょうか?でも頭の中がきれいに整理されているというコメントも書かれているし・・・

頭の中の整理整頓具合は自分でよくわかりませんが、第4巻目になって慣れたせいなのか、いままでで一番すっきり読めたことは実感しているのです。妙にすっきり読めたので、今回の英語は易しいのかと勘繰ってしまった。難しい英語と易しい英語という区分けは嫌いなんですけどね・・

> これからもいろいろな本の書評を楽しみにしています。

は~~い。書評と言われると恥ずかしいですが、一杯読んで一杯書きます。
  • 2011-07-18 10:53
  • Green
  • URL
  • 編集

[C39]

はい、一杯読んで、一杯書いてください。
  • 2011-07-18 23:40
  • さかい@tadoku.org
  • URL
  • 編集

[C40] あれ?

私の??に答えがない・・・
蛇の生殺し状態ですよ(笑)ま、気にしない、気にしない、いつもの事だから。
  • 2011-07-19 00:10
  • Green
  • URL
  • 編集

[C41] あ、そうだった!

あんまりほめるとね、たいていは次も「うまく書こう」と思って(プレッシャーを感じて)楽しく書けなくなっちゃうものです。
それを言いたかった。

それから二度読んだのはあなたの文章だし、それはとってもよかったから、二度読んだのだよ。なんでそれが伝わらないかなあ!?
  • 2011-07-22 00:52
  • さかい@tadoku.org
  • URL
  • 編集

[C43] 再びいらっしゃいませ。

誉められることに慣れていないので(そういう旧世代なのかも)、プレッシャーになりませんねえ。嬉しくないわけじゃないですよ、ただ問題は、他人がイイ、と判断することよりも、まず自己満足が大事ですから(笑)

2度読んだのは私の文章ですよね、と理解するのがすっきりするのでそうだとは思ったんですけど。

ただ・・・・
センセーの文章は、どうもポカっと肝を端折るのです(笑)きっと意識の中にはちゃんとあって、言った気になっていると思いますが、実際には言ってません!その証拠に、ほら、掲示板でいつ講演会をやるとか、いつ国立スタバ会をやるとか、日付が抜けてるでしょ?しかも2回に1回は抜ける。

だからね、reconfirmしないと。

  • 2011-07-23 00:50
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア